半年楽しく実践で352万円達成!好きなことで人生を埋めていきます!

お名前と肩書き

WJDA(ワイヤージュエリーデザイナーズアソシエーション)代表

岩田 アキ様

 

受講する前は、どのようなことで悩まれていましたか?

女神塾に入る前は、ビジネス自体の基礎は3年前くらいに習っていたんですけども、頭ではわかっていても、、、ビジネスってやることがたくさんあるんですよね。それで、あれもやらなきゃこれもやらなきゃって、自分を追い込むようにやっていたので、本当に疲弊してしまって、プライベートと仕事のバランスが崩れてしまっていました。

はっと気づいた時に、私は何のために好きなことを始めたのにこんなに苦しくなっているんだろう…変えなきゃいけない、でもどうやって変えればいいんだろう、ってずっとわからずにいたんですね。

また、コミュニティをやっていく中で、リーダーシップをとっていく、どうすれば想いが伝わっていくんだろう、というところで悩んでいる状態でもありました。

 

実際他にも様々な講座・塾がある中で、何が決め手で入られましたか?

さゆり先生の自由。自由な女神ライフスタイルという言葉にもうほんとに見た瞬間に「あっ、私こういう生き方をしたい」っていうのがもう本当にズキュンってきちゃったんですね。

副タイトルも、好きな時に、好きな場所で、好きな仕事を、好きな人とする、も自分の好きなことで人生埋めていくという言葉がたくさん入っていたので、こういう仕事だけじゃなくてライフスタイル自体を変えてうまくいきたいな、と思って女神塾に入りました。

 

実際に受講されて、どのような成果や効果がありましたか?

楽しむようになって、主宰しているコミュニティでもよく笑ったよね、と理想のコミュニティにすることができてきました。

結果、半年で352万9千円を、売り上げることができました。今も、更新中です。去年はそれより150万円くらい低い状態だったんです。

本当に良かったと思っているのは、楽しく、という言葉、姿勢。どうしてもがんばらなきゃ、こうしなきゃ、という状態になってすごく疲れ切っていたがために講座自体をすることができなくて半年間休みました。もちろん結果成果もついてこない去年の状態から、今は楽しく実践しながら成果も上がり、全部花マルみたいな状態にすることができました。

 

具体的にどんなところが良かったですか?

塾の中でも毎回とにかく楽しく成長。「楽しく」っていう、もうこの言葉にいつも心を掴まれました。これまでは、どうしても頑張んなきゃ、やらなきゃ、頑張るんだけれどもこうしなきゃってすごくつらかったので、毎月さゆり先生との個別コンサルや様々なコンサル、チャットを通して、とにかく、楽しくやろうっていう自分の中の前提ができたことで結果と言うよりも、その間の過程が自分の中で楽しくできたっていうところです。

自分が楽しくやるから生徒さんも楽しむようになって、先日行われた卒業パーティーも本当にこの半年間、生徒さんから「とにかく良く笑った」と言ってくださって、前の期の時は、どちらかというと「頑張ったよね」とか「努力したけどまだまだだよね」とか、ちょっとみんなの顔が曇った感じがあったんですね。

それが「とにかく先生、よく笑ったよね」って生徒さんがおっしゃってくださったのが、「私はこれはさゆり先生から楽しむことを教わって自分で体験して実践しているから生徒さんにもそれを伝えることができたんだ」って思ったんです。

 

さゆり先生の印象は?

こんな風に生きれると思っていなかったので、今まで関わってきたり見てきた女性の起業家の方って結構疲れていてすごく大変そうというイメージがあった中、さゆり先生はとにかく、パワフルでそれでいて、とにかく楽しいっていう、このエネルギーとあり方が、本当に私の中では目標であり、生き方のお手本にしていきたいなっていうところです。

ビジネスだけではなくライフスタイル自体が豊かになっていくことを伝えて下さってるんですが、そうなっていくとビジネスだけじゃないところの部分でも本当にいつも信頼してくださってる、私自身を信頼して待ってくださってることが、ちょっとしたやりとりの中でも感じられるんですよね。

いつも、愛たっぷりに見守って下さってる、そしてここぞという時を外さずに手を差し伸べてくださるあたたかさに、本当にもう胸がいっぱいになって涙が出そうなくらい嬉しかった出来事がありました。

 

どんな方へオススメしたいですか?受講を迷われていらっしゃる方へ一言お願い致します。

ビジネスって楽しいと思いたい方、自由や女神というこのフレーズに一瞬でも心が動いた方は、さゆり先生とその仲間、ご一緒する皆さんと一緒にいたら、望む人生が自分でつくれるんだ、自分でつくっていけるんだって、気づいたら勝手に思えるようになっていくと思うので、ぜひ一瞬でも気持ちが動いたら、私こんな風に生きたいって思われてたら、仲間になっていったら素敵じゃないかと思います。