収入と働く時間に直結する「セールス」と「高収益商品」を中心に、最新の脳科学と心理学を女性視点で解説。

menu

原田さゆり セルフイメージ現実化コンサルタント

セルフイメージを高める方法、それも手っ取り早く。

 

今、鼻に麻酔?
未だに鼻ムズムズ・・・
人生、初体験してきました!
(続きは、追伸で!)

こんにちは、
原田さゆりです。

さて、「投資」をするというのは、
「お金」だけではありません。

他には?

私だったら真っ先に上がるのは

「時間」

です。

「時間は、命」というほど
大切ですよね。

毎日、朝になって、お昼、夜と
変わりながら、時間は過ぎていきます。

ときに、
”えっ、もうこんな時間?”
”ヤバい!何もできてない… ”

一度や二度、
三度、、、^^

そんなふうに思ったことが
ある方は多いのではないでしょうか。

1日があっという間に過ぎていくときは
2つのパターンがあると
思うんですね。

それは、

1つめは、
寝食忘れて、集中しているとき。

2つめは、
何をどうやっていいのか、、、
思うように進まないとき。

この2つの違い、わかりますか?

この違いで、めちゃめちゃ
時間の過ぎ方が、使い方が
変わってくるのは当然ですよね。

では、何が影響しているのかというと
セルフイメージなんですね。

”自分が何者であるのか”

これが明確になっているかどうか
なんですね。

例えば、メルマガを書くとしましょう。

明確になっていれば
誰のための自分なのか?

その誰に向けて、
どんな順番で、何を届けるのか?

迷うこともなく
モチベーションも、努力も根性も不要(笑)
自然と行動できるようになります。

それほど、セルフイメージは
影響しています。

やりたいと思っても、
無意識では、OKがでていなく
進まなかったりするんですね。

それほど、セルフイメージが
大切なんですよね。

セルフイメージ次第で
ビジネスも人生も、
時間の使い方も、お金の使い方も
変わってきます。

私も、日々セルフイメージを
高めることに投資をし続けています。

昨日から始まった、
私の師匠のお一人でもある
北野晢正さんが開催のマスターマインドに
2016も入りました。

※こちらは懇親会のもよう。

右前の男性が北野さん。私の目の前はソフィア先生。

mstermind

 

*マスターマインドとは

ナポレオンヒルが提唱した概念で、

二人以上の、統一した願望や目標を
持った人間の集まりのことであり、
また、それらの人々の間で行き交う、
波長の合った思考のバイブレーション
のこと。

ナポレオンヒル曰く、
マスタマインド」の協力なしで、
偉大な力を発揮し得た人はいない。

 

そのマスターマインドには、

全国から総勢25名が集結。
はっきりいって、各業界で活躍している
すっごい人たちばかり。

最新情報もは、常に飛び交う場所。
誰よりもいち早く行動している人たちの集まり。

レベル感、半端ないですが

私の1つ上のステージにいる人たちの
ところに飛び込むことで、
私自身のステージをさらに上げていきますよ!

そして、しっかりとここで学び、

自分でテストしてことを
私の講座生やクライアント、仲間に
シェアしていきますね!

”自分をどんな環境に置くか”

セルフイメージを変えるのに
一番てっとり早いですからね。

では、また、メールします。

原田さゆり
(ストリングスホテル ラウンジより)

追伸:
初体験とは・・・!?

鼻から、内視鏡が入りましたー。
始めて鼻の中と喉を見ることに^^

The following two tabs change content below.
原田さゆり

原田さゆり

セルフイメージ実現プロデューサー&ビジネスコンサルタント株式会社ビー・ファイン 代表取締役
『好きなときに、好きな場所で、好きな仕事を、好きな人とする』 集客や売上が心配な起業家さんへ、働く時間を減らしても売上も収入も上がる!理想のライフスタイルを余裕で楽しめる仕組みを提供。 脳科学と選択心理学を活用した塾やセミナー、コンサルティングを通じて、お客さんと共に成長し、ワンステージ上のビジネスも人生も楽しみたい起業家仲間を増やすことをミッションとして活動! 現在では、国内に限らず、世界各地から受講生が通っている。 企画して、起業家仲間と毎年海外を5〜6ケ国を自由に飛び回ること、美味しいものを食べることが大好きで、ビジネス出張にはちゃっかりお店の新規開拓や旅を満喫している♪ ✨自由と豊かさを両立したい起業家のためのヒント!⇒ https://befine1.jp/p/r/qSLriXhK

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。