収入に直結する「セールス」と「高収益商品」を中心に、最新の脳科学と心理学を女性視点で解説。

menu

原田さゆり セルフイメージ現実化コンサルタント

たった1年で”自分とお金との関係”を見直したら貯蓄が3倍!?

”貯金が3倍になってました~”すっごくうれしい報告が

届きましたー !
こんにちは、
セルフイメージ実現プロデューサーの
原田さゆりです。名古屋から戻り、
今日も朝から1日セミナーです。名古屋ではうなぎを堪能♪
そして、朝からうれしい報告♪

今日も元気いっぱいです~(^^)

 

 

それで、、、、

先日からご案内していますコチラ
↓↓↓↓↓
⇒ http://befine1.jp/l/m/iD8jheoW1iCLzS

もうチェックされましたか?
続々と視聴予約が入っています。

 

================
40代女性のための
絶対に知っておきたい
お金が貯まる”脳のクセ”を知って
”何があっても大丈夫~♪”な人生を
手に入れる方法を公開!
⇒ http://befine1.jp/l/m/49tr8x1fh57Wf9
================

まずは視聴予約しておいてくださいね。

 

さて、本題です。

”お金、好きですか?”

あまりに唐突すぎます? 笑

 

でもね、
このシンプルな質問を
セミナーで聞いみるんですよ、
そしたらね、

 

”好きー”

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

といい切る人、あまり
見かけたことないんですね。

 

では、なぜ、
いい切れる人は少ないと思います?

 

それは、、、、

私たちは、自分でも気づかないうちに、
自分の中で作り出した
”マネー・ストーリー”というのを持っているんですね。

 

マネー・ストーリーは、
自分の中で、お金について
自分自身の考え方、観念があるんですね。

 

その”マネー・ストーリー”に基づいて
脳は、思考→行動の順番で動き
現実化しています。
そして、現実化=今の結果が
生まれてるんですね。

 

そう、今自分の中にある
マネー・ストーリーで出来上がった
思考パターンで、行動を繰り返しながら
生きているのです。

 

ですから、
起業してビジネスを継続していくには
このお金のマネー・ストーリーは
めちゃめちゃ重要で、

 

「セルフイメージ現実化講座」の中で
”お金”は重要なテーマとして
やっているほどです。

 

だから、うまくいく、望む
マネー・ストーリーに書き換えさえれば
お金を貯めることも
ストレスなく無理なくできていくんですね。

 

ですから、
うれしい報告のあった
本人曰くズボラで、
つい使ってしまう方という方でも

 

当時の貯金は、片手ほどもない
”うん百万”が
1年も経たないうちに、3倍の
貯金ができたわけです。

 

起業してビジネスを拡大していくのに
貯金は必要ですよね。

 

セミナーの受講も投資です。
ビジネスは投資が先ですからね。

 

それにキャッシュが回らなくなったら
倒産です。

 

だから、貯めることは
めちゃめちゃ大切な1つの要素です。

 

「自分とお金との関係」を
見直してみるだけで
ビジネスも人生も
お金のことで悩まなくなっていきますよ~。

 

ぜひ、あなたのマネー・ストーリーも
チェックしてみてくださいね。

 

思考パターンがわかれば解決できますからね~^^

そして、解決できたら、
どうやってお金を貯めていくのか
その具体的な運用もこっそり教えちゃいます。

 

こちらもぜひ、チェックしておいてください。

お見逃しなく!
⇒ http://befine1.jp/l/m/AK7GRacNl25IUj

 

原田さゆり
(品川のセミナールームより)

The following two tabs change content below.
原田さゆり

原田さゆり

セルフイメージ実現プロデューサー&ビジネスコンサルタント株式会社ビー・ファイン 代表取締役
『好きなときに、好きな場所で、好きな仕事を、好きな人とする』 労働時間を減らしても売上も収入も上がる!「自由」と「豊かさ」を手に入れ、ワンステージ上のビジネスも人生も楽しみたい起業家の方々の支援専門。脳科学と選択心理学を活用した、塾やセミナー、コンサルティング活動など国内に限らず世界で活躍中。 社会貢献しながら、自分でコントロールできるビジネスも人生も楽しむ起業家仲間を増やす!ことをミッションとして活動。 海外を自由に飛び回ること、美味しいものを食べることが大好きで、ビジネス出張にはちゃっかりお店の新規開拓や旅を満喫している♪

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。