収入と働く時間に直結する「セールス」と「高収益商品」を中心に、最新の脳科学と心理学を女性視点で解説。

menu

原田さゆり セルフイメージ現実化コンサルタント

「どうやって、少ない集客で
働く時間を減らしても
売上も収入も上げれるの?」

こんにちは、
原田さゆりです。

よく、聞かれる質問です。

最近では、講座生たちも、
同じようなことを、
同じ仕事をしている仲間から
聞かれるんだそうです^^

うれしいですね。

もっと広まっていくと
いいなと思っています。

さて、、、

「どうやって、少ない集客で
働く時間を減らしても
売上も収入も上げれるの?」

気になりますよね^^

今回、特別に無料で、
動画に撮りましたので
こちらから登録してみてみて
くださいね。

いつもブログやメルマガでは文章なので
たまには、動画もいいものですよ^^

ようやく、私も動画で話すのも
少し慣れてきたかな~。

どうでしょう?^^

それで、動画の内容はというと、
最短で成果につながる
ある3つの仕組みを
順番に、お話しています。

この3つのスキルに
仕組みが加われば、

集客のストレスからも解放され、
売り込まずぐんぐん
数字を伸ばしていくことが
可能になります。

結論から言うと、

一番成果の上がることから
やりましょう!

と言うことなんですね。

わかっちゃいるけど、
意外や意外、

取り組んでる人は、
ひじょーに、少ないんですね。

集客はコツコツやり続けることで
時間もお金もかかるもの。

そうすると、どうしても
”成果”が出るまでに、時間がかかる…

成果がなかなか出ないと、
人間だもの、
フラストレーションがたまり
混乱して動きがとれない…

だから、成果の上がることから
やりましょう。

動画から、
今の現状を変えるヒントに
なるかもしれません。

*もちろん、変わるといいなと
思って作りましたよ!^^

そしてね、もう一つ、

何事もですが、
始める前にめちゃめちゃ大切な
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ことがあります!

それは、、、

講座に参加されて、
2ケ月で成果を出した三浦さんは
こう話してくれました。

「今の人生は嫌だし、
私の人生ではなくて、
人のための人生を生きてきていたような
感じだったんです。」

だから、(始める時に)

「私が私のための人生を生きる。
そしてそのためには、

人のせいにする事はしない事と、
今やれる事はすぐにやろう
と決めていたからでした。」

と決めて、始めたそうです。

そして、実践すると、

始める前の、
本当に苦しかった状況から、

取り組んで2ケ月足らずで、
週2日働くだけで、
自分の時間がどんどん作れ、
収入も増えていったそうです。

もし、

売上や収入の不安を減らして
経済的にも、時間的にも、
心身共に余裕をもっと得たいなら…

あなたの能力や才能を
もっと存分に発揮したいなら…

あなたが悪いのではなく
成果に繋がらない戦略を
とっているだけかもしれません。

戦略が変われば
成果も、結果も変わっていきます。

もう遠回りせずに
行き詰まりせず進めていくには
こちらオススメです。

あなたがビジネスを通じて
手に入れたいものは、どんなことですか?

必ず、実現できますから。

まだ見ていない未来を
あなたは知らないだけで
あなたには、未来があるんですから。

原田さゆり

P.S.
今日は、大阪4日目の最終日。

関西のソウルフード、
”かすうどん”を、
起業家仲間にリクエストして
連れて行ってもらいました♪

堪能して東京へ向かう新幹線の中より…
仲間のいる人生は、さらに豊かになりますね。

 

~好きな時に、好きな場所で、好きな仕事を、好きな人とする~

The following two tabs change content below.
原田さゆり

原田さゆり

セルフイメージ実現プロデューサー&ビジネスコンサルタント株式会社ビー・ファイン 代表取締役
『好きなときに、好きな場所で、好きな仕事を、好きな人とする』 集客や売上が心配な起業家さんへ、働く時間を減らしても売上も収入も上がる!理想のライフスタイルを余裕で楽しめる仕組みを提供。 脳科学と選択心理学を活用した塾やセミナー、コンサルティングを通じて、お客さんと共に成長し、ワンステージ上のビジネスも人生も楽しみたい起業家仲間を増やすことをミッションとして活動! 現在では、国内に限らず、世界各地から受講生が通っている。 企画して、起業家仲間と毎年海外を5〜6ケ国を自由に飛び回ること、美味しいものを食べることが大好きで、ビジネス出張にはちゃっかりお店の新規開拓や旅を満喫している♪ ✨自由と豊かさを両立したい起業家のためのヒント!⇒ https://befine1.jp/p/r/qSLriXhK

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。