収入に直結する「セールス」と「高収益商品」を中心に、最新の脳科学と心理学を女性視点で解説。

menu

原田さゆり セルフイメージ現実化コンサルタント

【お客様の声】セミナーで作った高額商品が翌日に、17人から、、、

セミナーに参加されて
高収益商品を作った翌日に、

これだけの成果が!!!

こんにちは、
原田さゆりです。

先日開催した、
『自然に売れる高収益商品構築2daysセミナー』にご参加の

よりそい型集客コンサルタントの長友 暢(よう)さんから
早速、うれしい報告が届きましたよ!

それも、です!!

これまで、高額商品をつくって
4日後に最速で、50万円以上結果を
出した方を抜いちゃいましたよ〜

ではでは、届いたまんまをご紹介しますね!

 

%e3%81%8a%e5%ae%a2%e6%a7%98%e3%81%ae%e5%a3%b0-%e9%95%b7%e5%8f%8b%e3%82%88%e3%81%86%e3%81%95%e3%81%be

よりそい型集客コンサルタントの長友 暢(よう)さん

=====================

『自然に売れる高収益商品2daysセミナー』に参加して

  ↓ ↓ ↓ ↓

私が受講した理由は、
高額商品を作りたかったのと、

構築の仕方を学びたいと思って
受講させていただきました。

具体的な効果は、

セミナーに参加して作った翌日に

20万円の講座のご案内をした翌日に
17名の方が、「受けたい」と
手を上げてくださいました。

もし、セミナーを受講していなかったら、、、

「自然に売れる高収益商品構築セミナー2days」を
受けていなかったら、
わたしは高額講座を自分が扱うことに
自信がなかったので、
セミナーを受けていなかったら
高額講座を打ち出すことができて
いなかったと思います。

セミナーでは、講座の構築の仕方だけではなく、
高額講座を自分が提供する理由を言語化したり、
想いを言語化するワークがあり、
自然とマインドが整い、心から自信をもって
ご案内することができました。

また、女性目線での説明が分かりやすく
共感しやすかったので、
話がスッと入ってくるところです。

自分の状況や目指すものに、
原田先生がすごく共感してくださるので、
無理せず、自分らしい形で
商品を構築することができました。

テンプレートに沿うだけで、、、

また、質問が素晴らしく、
テンプレートに沿って、順番に答えているだけで
どんどん自分が提供できるものや、
提供できる理由が明らかになっていくので、
自信をつけていただけたところも
嬉しかったです。

場作りも素晴らしく、
一緒に受講させていただいた仲間と
協力しあえたところも、
原田先生のセミナーを受けてよかったと感じたことでした。

もし、高額商品がまだない方、高額商品を
扱う自信がなく、一歩踏み出せないでいる方、

自分が心から自信を持って提供できる商品作りを
したい方は、原田先生のセミナーに参加すると、
終わったころには商品と、

それを扱える自分が完成しているので、
本当におすすめします!

=====================

↑ ↑ ↑ ↑
ここまで!!

ようさん、シェアしていただき、
ありがとうございます。

この後も、成果報告をしてくださるそうです。
ようさん、楽しみに待ってますねー!!

もし、なぜ高収益商品をもつ必要があるのか?
ピンときていない方は
こちらに少し書いていますので
確認しておいてくださいね。

原田さゆり

 

『自然に売れる高収益商品構築集中2daysセミナー』
定期的に、開催しています。
こちらをチェックしておいてください!

優先案内&募集は、
メールマガジンで受付ております。
ご登録がまだの方は、
今スグ、ここから登録しておいてください!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

bnr

 

The following two tabs change content below.
原田さゆり

原田さゆり

セルフイメージ実現プロデューサー&ビジネスコンサルタント株式会社ビー・ファイン 代表取締役
『好きなときに、好きな場所で、好きな仕事を、好きな人とする』 労働時間を減らしても売上も収入も上がる!「自由」と「豊かさ」を手に入れ、ワンステージ上のビジネスも人生も楽しみたい起業家の方々の支援専門。脳科学と選択心理学を活用した、塾やセミナー、コンサルティング活動など国内に限らず世界で活躍中。 社会貢献しながら、自分でコントロールできるビジネスも人生も楽しむ起業家仲間を増やす!ことをミッションとして活動。 海外を自由に飛び回ること、美味しいものを食べることが大好きで、ビジネス出張にはちゃっかりお店の新規開拓や旅を満喫している♪

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。