収入と働く時間に直結する「セールス」と「高収益商品」を中心に、最新の脳科学と心理学を女性視点で解説。

menu

原田さゆり セルフイメージ現実化コンサルタント

ビジネスと人生にある境界線を突破しよう

こんにちは、
原田さゆりです。

都内は、急に雨が降り出し
久しぶり恵の雨です。

さて、今日はどんな一日でしたか?

私の今日は、
海外在住のクライアントさんが
帰国していたので
コンサルをしていました。

私のスケジュールは
とってもシンプルで、

大抵、週2日、
対面コンサルやセミナーを
しているんですね。
(後は、基本フリー)

時々フリーの間に、
個別のオンラインコンサルが
入ったりしているんですね。

これも、1週間の予定をどう過ごそうかと
そうしたい→そうする!と
決めたからそのようになってきたのですが、

私たちの人生もビジネスも
「決断」と「選択」の連続で
繰り返していますよね。

それで、、、

昨夜、友人と
”そうだ!北海道へ行こう!”
と盛り上がり、行くことになりました。

でね、私たちって、
”行く!””しよう!”と決めたら
めちゃめちゃ早いスピードで動いていきませんか。

どの飛行機で、どこに泊まって
目的地まではどうやって行くのか
調べたりしますよね。

それが、

しよう!と動き出しても

ビジネスのこととなると
極端に、行動するスピード感が
落ちてしまったりする時って
ありませんか?

なに?? 
ビジネスと人生に境界線がある?

それは、、、
私たちは、なにかを始めるとき、
できるかどうかから始めることが
多いのかもしれませんね。

旅だったら、
空港から街までどうやって行こうか?

車?電車? それとも、レンタカー?

慣れない道を運転できるかどうかの前に
選択肢をいくつも調べたりしますよね。

そう、できるかどうかではなく、
「行きたいかどうか」

「やりたいかどうか」

なんですよね。

それがビジネスになると、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
できるかどうか?

になりがちになったりしませんか?

できるかどうか?

その答えは、
どこにもありません。

し、やるからできる♪
なんですよね。

それに、厄介でもあり
シンプルでもある私たちの脳は、

難しいと思えばそのとおりに
簡単と思えばそのとおりに働きます。

結局ね、思うのです。

”それ、本当にやりたいかどうか?”

今日もクライアントさんとの話してたのですが、
もう、がまんする時代は終わったんですよね。

自分が理想とするライフスタイルは
ビジネスを通じて
今は、いくらでも、誰でも
手に入るチャンスはあります。

もし、やってみたいことを
叶えていなかったら

もし、あなたが理想とするライフスタイルを
手に入れていなかったら、

あなたの中にある

”やってみたいこと”

その気持ちを1つ1つ
大切にしてみませんか?

できるかどうかでなくね^^

何度もなんどもやってみたいこと、
やってみたい気持ちや感情を味わい
思い浮かべることを、
頭の中で再生してあげれば

自然と動けるようになっていきます。

人間の脳って、面白いですよね。
やってみたいことでも、
ビジネスに関係していると
難しく考えがちになっちゃうんですから。

今日は遅いので
この辺りで!

では明日は自由と充実した人生を楽しむ
ビジネスの構築のヒントを
お届けしていきますね。

お楽しみに!

あなたがビジネスを通じて
手に入れたいものは、どんなことですか?

必ず、実現できますから。

まだ見ていない未来を
あなたは知らないだけで

あなたには、未来があるんですから。

原田さゆり

———————-
好きな時に
好きな場所で
好きな仕事を
好きな人とする

The following two tabs change content below.
原田さゆり

原田さゆり

セルフイメージ実現プロデューサー&ビジネスコンサルタント株式会社ビー・ファイン 代表取締役
『好きなときに、好きな場所で、好きな仕事を、好きな人とする』 集客や売上が心配な起業家さんへ、働く時間を減らしても売上も収入も上がる!理想のライフスタイルを余裕で楽しめる仕組みを提供。 脳科学と選択心理学を活用した塾やセミナー、コンサルティングを通じて、お客さんと共に成長し、ワンステージ上のビジネスも人生も楽しみたい起業家仲間を増やすことをミッションとして活動! 現在では、国内に限らず、世界各地から受講生が通っている。 企画して、起業家仲間と毎年海外を5〜6ケ国を自由に飛び回ること、美味しいものを食べることが大好きで、ビジネス出張にはちゃっかりお店の新規開拓や旅を満喫している♪ ✨自由と豊かさを両立したい起業家のためのヒント!⇒ https://befine1.jp/p/r/qSLriXhK

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。